ママが子どもの最高のサポーター!おうちでできるモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は、最高の子ども時代を 生きることができる教育です

  • HOME »
  • モンテッソーリ教育は、最高の子ども時代を 生きることができる教育です

はじめまして、
横浜モンテッソーリ子育て研究会 代表の大高です。

ママにモンテッソーリ教育をお伝えする活動をしています。
私が、モンテッソーリ教育に出会って、7年が経ちました。

私は、娘が0歳の頃に、ママ友を通じてモンテッソーリ教育に出会い、
娘が1歳の頃から、おうちモンテを実践してきました。

幸いなことに、私はモンテッソーリ教育に対する
一般的なイメージを持つことなく、

子どもを主体とした教育として、
モンテッソーリ教育に出会いました。

モンテッソーリ教育に対する一般的なイメージは

・英才教育
・お受験のための教育
・子どもに難しい勉強をさせる教育

というイメージのようです。

そうなってしまった理由は、幼児教室やお受験対策の塾で、
モンテッソーリ教育が、多く取り入れられているからです。

あなたは、モンテッソーリ教育が目指している
教育の目的は、何だと思いますか?

先日、ママのためのモンテッソーリ子育て勉強会
この質問を投げかけてみました。

ママたちのお答えは、

・子どもの自立を促す。
・子どもの自己選択能力を引き出す。
・子どものやる気を育てる。

どれも、間違いではありません。

ただ、それらは通過点であり、最終目標地ではありません。

モンテッソーリ教育の最終目標地は、
全人格的成長、です。

モンテッソーリ教育の目的は、
自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、
生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てること、です。

この文章を読むと、
「このような子どもに育ったらいいな・・・」
という親の期待を刺激しますが、

そこでも、注意が必要です。

モンテッソーリ教育は、
子どもを主体とした教育、です。

親の期待通りのいい子に
育てる教育ではありません。

子どもは、親の所有物ではありません。
子どもには、子どもの人生がある。

子どもの選択が、親の期待に合わないものだったとしても、

「私は、これを選択します!」

と自分の人生を、親に遠慮することなく選択できる
自立した大人に育ってほしいと、私は思っています。

残念ながら、私たちが受けた教育では、

自分の意見を大切にして、自分で選択する力
を奪われて育ちました。

周りの人に迷惑をかけないよう気を使い、
人と同じ選択を取るクセ、が身に付きました。

学校の授業では「これが正解です。」と
唯一の正解を先生から教えられ、

自分で正解を探し出す、という
考える力、を奪われました。

協調性がある、と言えば聞こえがいいですが、

周りの価値観・意見に惑わされて、
自分の選択に自信が持てない、

という【悩み】を生み出しました。

私たちが大人になって、
苦しんでいる様々な【悩み】の根本原因は、

子どもの頃の育ち、にあります。

「私たちが経験した苦しみを、
もう、子どもたちには経験させたくない。」

そんな願いが、私がモンテッソーリ教育を行う
原動力になっています。

子どもは、成長のプログラムを持って生まれてきます。

子どもが、自分で選び、集中して行うことには、
子どもの成長に、欠かせないものが隠されています。

大人の価値観や考え方が、
子どものまっすぐな成長を邪魔することがないように、

私たち大人が、モンテッソーリ教育を学び、
子どもと一緒に、自分で自分を育てなおす必要があります。

モンテッソーリ教育の精神で子どもに接している時、
大人もまた、幼少期に獲得しそこなった、

・自分で考える力
・自分で選ぶ力
・自分の意志を貫く力

を子どもと一緒に、獲得することができます。

モンテッソーリ教育は、親子で

最高の子ども時代を
生きることができる教育です。

私たちの活動に興味を持ってくださった方は、
ぜひ、お気軽にオンラインコミュニティや
オンラインモンテッソーリ幼児教室にお越しくださいませ。

あなたと一緒に、モンテッソーリ教育を学べる日を楽しみにしています。

横浜モンテッソーリ子育て研究会 代表
大高 麻世

PAGETOP
Copyright © 横浜モンテッソーリ子育て研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.