モンテッソーリ子育て研究会の大高です。

周りのママたちとお話していると
子どもが小さいうちから、
習い事に通っているという話をよく聞きます。

例えば、
0才から通える幼児教室もありますし、
生後六か月から通えるベビースイミングは、
ママもリフレッシュでき、とても人気がある感じでした。

私も、娘が1歳9か月になったころ、
暑い夏の遊びの1つとして
ベビースイミングの体験にいったところ
いいなと感じ、2年ほど通いました。

うでに浮き輪を付けた状態ではありますが、
3才前の子どもでも、25mを泳げるそうで、
娘もチャレンジしたいといって、通っていました。

私自身、モンテッソ―リ教育の考え方を
大切にしながら子育てをしてきて、

子どもは知りたがっている
できるようになりたがっている

ということを、よく実感します。

この視点から、早期教育を考えると

子どもの興味、関心にあっているものを、
学べる環境を用意してあげたい、

と感じています。

そして、そのタイミングが、
大人が思うより、結構早いときもある
とも感じています。

例えば、娘は3歳ごろに、文字に興味を持ち始めました。

私の感覚では、3歳児が文字を読む、
という想像はなかったので、

娘に文字を教えるのは、早いのではないか?
と思っていましたが、

娘は「ん」というひらがなと
「氷」という漢字を、読めるようになりました。

きっかけは、いづれ役に立つだろうと思って
買っておいた、この本↓が
娘のお気に入りで、よく見せていたからです。

子どもは、文字を絵として認識するので、
大人が思うほど
文字を覚えるのは難しくないそうです。

早期教育の内容には、大人から見ると
「それって、まだ子どもには早いんじゃないの?」
と思うような内容もありますが、

子どもは、そんな大人の予想をいい意味で裏切り
興味のあるものを、自らどんどん学び、
自分のものにしていきます。

そんな子どもの姿を見ると、
親はすごく嬉しくなるので

子どもは、親の喜ぶ顔を見ることが
やりたい!という意欲につながるようです。

ここで、一つ考えていただきたいことがあります。

・親は子どものために、早期教育をやっているのか?
(子ども自身の成長意欲を満足させるためにやっているのか?)

・自分の喜びのために、早期教育をやっているのか?
(子どもができることで、自分が満足感、達成感を
感じるためにやっているのか?)

後者の動機で、早期教育をやっている場合、注意が必要です。

例えば、子どもの将来のために、
と幼児教育に熱心になることが

・親が考える幸せの価値観を押し付けている
(例えば、大卒で安定した職業につければ幸せとか)

ことなっているかもしれませんし、

・他の子どもより≪できる子ども≫に育てることで
自分の子育てに自信を持とうとしている

のかもしれません。

子育てで、他の子どもと自分の子どもを
比較することは、普通にあることだと思います。

親が比較を行うことで
子どもにとって良くない影響を与えるとしたら、

できる子どもじゃないと、
お母さんから愛されない、評価されない
と子どもに感じさせてしまうことです。

早期教育をすることの結果として、子どもが、
「私は○○じゃないと、お母さんから愛されない」

と感じてしまうような構図ができあがっているのなら、
早期教育のやり方、心構えを考え直す
必要がある、と思います。

早期教育をすることで、子どもが自分らしく
自分に自信を持って生きていく力を
伸ばしてあげることができるのなら、

それは、≪子どものための教育≫
だと言えるように思います。

今は、様々な幼児教育の形があり、
もともと勉強好きな私は、
どれもとても興味深く、関心を持って見ています。

あなたが、早期教育、幼児教育を
子どもにしてあげたい、と思っている動機は何ですか。

\ Line始めました!
モンテッソーリ勉強会の最新情報をお届けします!/
友だち追加