kyoshitu_photo01

もしあなたが、

「子どもには私のように自己肯定感の低い人になってほしくない」と願っているなら、この手紙は重要です。その理由を今からお話します。

私のところには、自己肯定感の低さが原因で、「お金を稼げない」「結婚できない」「パートナーから暴力を受けている」…という悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

悩みを解決しようと、起業塾に行ったり、結婚相談所に登録したり、離婚して再婚しますが、一向に悩みが解決せず、

【全ては幼児期の育ちに原因がある】ことに気づき、愕然とする方が多いのです。

夫の良くないところに気づいた妻は、子どもをよりよく育てようと

「パパみたいになっちゃダメだよ。」と子どもに言いがちですが、

親からこの言葉を何度も聞かされた子どもは、「人を否定する」心のクセを身につけてしまいます。

そのため、人と接すると相手のダメなところが気になり、

人と仲良くなれず「一人ぼっち」になります。

大人になると、結婚相手のダメなところが受け入れられず「離婚」にも発展しやすくなります。

つまり、この言葉は、子どもを不幸に導いてしまう親の言葉がけなのです。

「自分に自信のない子」の親には、自分や他人を否定するクセがあります。

子どもの自己肯定感を上げるために、いい言葉がけをしようと思っても、

本当は、心の中で子どものダメなところばかりが気になり、

子どもを否定する言葉を使っています。

6歳までの子どもは、親の脳内にある情報をキャッチする能力に長けていますので、

親が口で言っていることではなく、親が心で思っていることを理解し、

「僕・私はママに認められていない」と考え、自信をなくしていきます。

つまり、自己肯定感の高い子どもに育てたいなら

あなたの脳内の環境を見直し、脳内の言葉から変える必要があります。

スキャモンの発達・発育曲線を見ると、6歳までの間に急激に伸びている曲線があります。これが「神経系」です。

「神経系」は脳の神経細胞の発達を表しており、人間の脳は6歳までに90%が完成します。言い換えると、6歳までの経験によって脳の環境が作られるということです。

この話をすると、知育や習い事に精を出す親御さんが多いですが、子どもの将来の幸せを願うなら、IQばかりでなくEQ、心の育ちのための【良質な家庭環境】を用意できると、子どものIQの伸びもさらに高くなります。

では、子どものEQ(非認知能力)を高める上で【良質な環境】とはどのような環境なのか?

それは、心の栄養となる言葉にあふれた環境です。

幼児期の子どもは、親が使う言葉を聞いて、言語を獲得していきます。言葉は、人が考えるために必須のものであり、その人が普段使っている言葉によって【人格】が作られていきます。

例えば、「失敗は恥ずかしいことだ。失敗したら人に馬鹿にされる。」という言葉を使っているのか、あるいは「失敗しても大丈夫!チャレンジすることが素晴らしい。」という言葉を使っているのか?で、性格や行動に差が出ることは、あなたも想像できるでしょう。

そして、子どもが、どちらの言葉を使うようになるのか?は、親がどちらの言葉を使っているのか?で決まります。それは、親が普段、口にしている言葉だけでなく、親の脳内の言葉の影響も受けているのです。

先ほどもお伝えした通り、人間の脳は6歳までに90%完成します。6歳までの親や教師など周りにいる大人の影響により、その子の【人格】がほぼ決まってしまうのです。あなたのお子さんが今、何歳なのか?は分かりませんが、6歳のタイムリミットが、刻一刻と迫ってきているかもしれません。

これからそのタイムリミットについて詳しくお話する前に、≪EQ×IQモンテ式子育てメソッド≫が誕生した経緯について紹介させてください。

改めまして、横浜モンテッソーリ子育て研究所、代表の大高あさよです。 なぜ、心理カウンセラーである私がモンテッソーリ教師となり、幼児教室を始めたのか?について、ご説明したいと思います。私は、大人になってたくさんの悩みを経験しました。 私が経験した悩みは、このような悩みです。

「人の顔色が気になり、嫌われていないか、いつも心配。」 「自分の意見がない。自分の意見に自信が持てない。」 「仕事で期待されると、必ずそれを達成しないとダメだと思い、頑張りすぎて疲れる。」 「他人と自分を比較して、自分はダメだと落ち込む。」

心理学を学ぶうちに、これらの悩みは、【幼少期の育ちに原因がある】 と気づきました。

それから私は、16年間心理学を学び実践し続ける中で、悩みの根本原因となっていた 幼少期の育ちを根本から改善し、たくさんの悩みを解決しました。

そして、娘が1歳のころから、 家庭で行うモンテッソーリ教育を実践し始めてみると、 モンテッソーリ教育には、私が心理カウンセリングで気づいた幸せな大人に育つために大事な要素が、たくさんあると分かりました。

この事実を多くのママたちに、伝えなければならない!と思い 「EQとIQを同時に高める!モンテ式子育てメソッド」を体系化しました。

そして、世界中にいる日本人の子どもたちを「自分に自信を持ち、世界を舞台に活躍する人間に育てる」というミッションを掲げ、新たなキャリアをスタートしました。それが、EQ×IQオンラインモンテッソーリ教室です。

モンテッソーリ教育といえば、Google創始者、Amazon創始者、Facebook創始者、将棋の藤井聡太氏など多数の著名人が幼児期に受けた教育として有名です。

彼らの成功の秘訣は、幼児期にモンテッソーリ教育を受けていたことにありますが、だからといってモンテッソーリ園や教室に入れさえすれば、同じような結果を得られるわけではありません。

モンテッソーリ教育を受けて結果を出すためには、家庭環境が重要です。

なぜなら、子どもがモンテッソーリ教育のお仕事に自ら進んでチャレンジするのか?は、親の日々の言葉がけの影響を受けてしまうからです。

そのため、親の自信を回復させる【魔法の言葉がけ】と【成功するおうちモンテのやり方】を学ぶ教材として、「おうちモンテッソーリの教科書」を教室の生徒さんに無料でお配りしています。

ここで語られている話は、よくある言葉がけの話ではありません。潜在意識の中にある【思考パターン】を書き換える言葉がけ、について解説しています。

例えば、子どもが「できない、ママやって!」と言ってきた時、あなただったらどう反応しますか?

「やり方を見せるね」と言って、ゆっくり動いて見せるのは【従来のモンテッソーリ教育】の教え方ですが、心理カウンセラーの視点から見ると、別のやり方の方が効果的です。

それは…

子どもの声が聞こえていないフリをして、

【しばらく子どもに考えさえる】です

「できない、ママやって!」という子どもの声を聞いて、すぐに反応してしまう方は、潜在意識に「相手の期待に応えなさい。相手の期待に応えられない私には価値がない」という思考を持っています。

そのため、子どもの助けを求める声に反応し、子どもを助けることができると心は落ち着き、子どもの声を無視して子どもを助けないでいると、心がザワザワしてきます。

試しに、一度我慢して子どもの声が聞こえていないフリをしてみてください。しばらくすると、「あっ、分かった!」と子どもは自分で解決策を見つけ、自分一人でできるようになっています。

従来のモンテッソーリ教育で言われている教えは、基本的には正しいのですが、潜在意識にある情報が人それぞれ異なるため、自分の潜在意識の思考パターンを知り、負のループを絶つ方法を実行しないと、自立的な子どもには育たないのです。

はじめに

  1. AI時代の幕開け
  2. 親として今、何をすべきか?

1章 成功するおうちモンテッソーリの5つの秘訣

  1. 幼児教育は環境が9割
  2. 物的環境と人的環境
  3. 挑戦できる子どもに育てる家庭環境とは
  4. 子育ての自分軸を定める5つの質問
  5. おうちモンテッソーリを成功させる!3つの順番

2章 敏感期を見極める

  1. 自己流おうちモンテッソーリが失敗する理由
  2. 0歳~6歳までの8つの敏感期
  3. モンテッソーリ教師の敏感期を見極める2つのポイント
  4. 子どもを観察する4つの視点

3章 心の栄養となる家庭環境

  1. Point1:親子の間に確かな信頼関係を築く
  2. Point2:子どもの「自己教育力」を尊重する
  3. 子どもの自信を育てるための魔法の言葉がけ

3章 心の栄養となる家庭環境

  1. 悪魔のプログラムとは?
  2. 魔法の言葉がけで幸せになる!
  3. 4つの悪魔のプログラムと呪いを解く魔法の言葉がけ
  4. 親のタイプ診断×子どもを成長させる魔法の言葉がけ
  5. 「パパみたいになっちゃダメ」と言ってはいけないワケ

4章 おうちモンテッソーリのおしごと

  1. モンテッソーリ教育の5分野の教育
  2. 日常生活の練習
  3. 感覚教育
  4. 言語教育
  5. 算数教育
  6. 文化教育

5章 AI時代の家庭教育

  1. ChatGPTとは?
  2. ChatGPTを使った家庭学習のやり方
  3. AIを使ったモンテッソーリのおしごとの作り方
  4. 子どもの言葉の力を育むAIチャット
  5. 子どもの教育はお家でやるしかない!

第3章の「親のタイプ診断×子どもを成長させる魔法の言葉がけ」では、チェックリストを使ってあなたのタイプを診断します。

例えば、長女で「しっかりしている」と親から言われてきた人は、「なんでも一人でやりがちで、人に甘えたり頼ったりするのが苦手。夫は仕事で忙しく、ワンオペ育児で疲れている」という傾向があります。脳内では「いい母じゃない私はダメ!」と自分に声をかけているので、子どもの甘えを受け入れすぎて、子どもが依存的になっています。そんな方には「一人で頑張らなくていいんだよ。誰かに手伝ってもらっていいんだよ。」という【魔法の言葉がけ】を受け取っていただき、子どもに対して「やってくれたら嬉しいな。ママを助けてくれる?」と声をかけると、子どもは自立的に育っていきます。

このように、あなたの潜在意識の思考パターンを理解し、自分を否定する言葉を手放すこと。

そして、お子さんが0歳~6歳の間に、ありのままの自分に自信が持てる言葉を、どれだけ多く届けられるか?、その言葉の差で10年~20年後の人間関係、キャリア、年収、健康に【大きな差】が生まれるのです。

今日、EQ×IQオンラインモンテッソーリ教室をお試しいただくと、これまでご紹介してきたことを解説した「新おうちモンテッソーリの教科書」を受け取ることができます。

EQ×IQオンラインモンテッソーリ教室では、独自の「4サイクル学習法」により、短期間で効果を発揮する学習環境を提供しています。

まず最初に、お子様の年齢に合わせたモンテッソーリ教育の「おしごと動画」を毎月4本配布します。動画では、高価なモンテッソーリ教具を買わずにおうちで実践する方法や、お子様向けの提示動画もご紹介しています。また、大人向けの勉強会の録画を通じて、モンテッソーリ教育や心の育ちの理解を動画を見て進めていきます。

次に、オンラインで開催されますモンテッソーリ教育や心の育ちに関する勉強会に、ライブで参加できます。直接、講師に質問でき「質疑応答で他の人の話が、とても役に立った」など、大変好評をいただいています。心の育ちや教育に関する書籍を一緒に読む読書会にもライブで参加できます。

また、おうちモンテッソーリやお子様の育ちに関するお悩みを、相談会で講師に直接相談することができます。相談会では、あなたにピッタリあった魔法の言葉がけをお伝えすることで、悩みを根本から解決する方法を体験できます。日々のちょっとしたお悩み、ご相談に関しては会員様限定のFBグループに投稿いただくと、講師から回答させていただきます。

お子様向けのオンラインレッスンとして、3か月に1回全クラス合同のグループレッスンを開催しています。レッスンでのお子様のご様子を拝見し、お子様の自信を高める言葉がけも行います。

この4つのステップを繰り返すことで、お子様の敏感期に合ったおうちモンテッソーリの環境をプレゼントでき、≪自分に自信のある自立的な子ども≫に育てることができます

モンテッソーリ教育に関する本を読んで、ぼっとん落とし、ティッシュの遊びなどを用意してみました。でも、子どもの集中現象は見られず、今後どう進めていけばいいのか分からずにいました。 大高先生のオンラインモンテッソーリ教室に参加するようになり 敏感期にあったおしごとを毎月知ることができ、おうちモンテが実践できるようになりました。そして、初めて子どもの集中現象を見ることができました。

おしごと動画と一緒にテンプレートも送ってもらえるので、準備に時間がかからず敏感期を逃さすに過ごせていると思います。 何より驚いたのは、小さい本のおしごとをきっかけに、 娘が、絵本を書くようになったことです!

すでに4冊の絵本を書きあげていて、内容もとても微笑ましく「次は、どんなお話かな?」と私が一番楽しみに読んでいます。

以前の娘は、度々「できない…」と言うことがありましたが、 最近は、意欲的に取り組む姿が増えてきて、「私はできる!」と自分を信じられているように思います。

私自身の育ちの影響で子育てのNG行動をしてしまうことがあり、「このままでは、この子は私のようになってしまう…」ととても恐怖を感じていました。でも、心理セラピーを受けた後から、子どものことが愛おしく感じられるようになり、 子どもに不必要に怒ったりすることもなくなりました。 子どもには発達障害の疑いがあり、療育にも通っていましたが、今は全くその心配はなくなりました。

子どもの癖になっていた爪噛みもすっかり良くなり、何事でもすぐに「ママ、やって」と言っていたのに、自分から進んでチャレンジしたり、出来なくても投げ出さず、納得が行くまで取り組めるようになりました。

子どもが提案した活動をしないことに対して、「なんでやらないの!」と怒ってしまったり、無理やりさせようとしていました。 でも今は、親の12の心得の背景にある精神的な意味が分かるので、子どもに手出し口出しすることが減り、子どもに対してイライラしなくなりました。幼稚園のプレで、上履きを自分で履こうと頑張っている息子の姿に対して、幼稚園の先生が「根気がありますね!」と言っていただき、本当にそうだなと実感しました。

数の敏感期にいる長男(4歳)は、公園の砂にたし算、引き算の式を書いたり、カレンダーや時計も読めるようになったり、生活の中にある数を楽しむ姿が増えています。最近は、かけ算にも興味があり、遊びの中にかけ算を取り入れはじめています。 言語に対する興味も強く、ひらがな、カタカナ、アルファベットの読み書きができるようになりました。最近は、漢字にも興味を持ち始め、漢字を書いたり読み始めています。

娘は、私が提案する活動にいつも興味深々で、1~9999までの数字をひたすら書く数字の巻物や、漢字、英単語のなぞり書きなどを、黙々と集中して取り組む姿を、たくさん見ることができました。 幼稚園の先生からは、「一人っ子なのに、面倒見がよく優しい性格ですね。 集中力もすごくて、根気がいる機織りの活動を、最後までやり遂げることができていました!」と言っていただけました。

EQ×IQオンラインモンテッソーリ教室の利用料は、月額3,000円(税込)です。 利用料の中に含まれている内容は以下の通りです。

    • ・敏感期に合わせたお仕事動画 毎月4本配布
    • ・動画に関係したお仕事のテンプレート配布
    • ・会員限定コミュニティ(Facebook)で質問し放題
    • ・月に1回 オンラインイベント開催(大人向けの勉強会および3か月に1回お子様向けオンラインレッスン【第3or第4土曜日AM10:30~12:00】)
    • ・毎月、読書会および相談会を開催

オンラインレッスンがない月は、大人向けのオンライン勉強会を開催。モンテッソーリ教育や発達心理学について学べます。オンラインレッスンおよびイベントはどちらも【録画】でもご覧いただけます。相談会はプライバシーを考慮し録画での共有はありません。

マリア・モンテッソーリは、 「知的動物には、精神的食料が必要」 と言っています。おうちモンテッソーリは、子どもに精神的栄養を与えるものです。お子さんの健全な発育のために、おうちモンテッソーリを始めてみませんか?

幼児期の育ちは一生モノです。6歳までの人生で一番大事な時間を【親子の最高の時間】にするために、当教室をぜひお役立てください。下記のボタンをクリックして、お子様の年齢別クラスをお選びください。